読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十三仏に見守られて

千葉県印西市、印旛沼のほとりにある「印旛十三仏霊園」スタッフのブログです。

城下町佐倉

こんにちはヾ ^_^♪

 今日も昨日に引き続き、寒い一日になりました。今年一番の寒さかもしれない位の寒さです。

この十三仏霊園から、佐倉市も近いので、今日は佐倉市の事を少しお話しようかと思います。今年度(26年4月1日~27年3月31日)、市制誕生60年という節目の佐倉市は、ゆるキャラの「カムロちゃん」でお話したように、城下町400年として歴史ある古い町並みが素敵なところです。

国立歴史民俗博物館佐倉城址公園や、江戸時代の書物に登場する古道のひよどり坂に、三棟の武家屋敷などがあり、武家屋敷には武士の暮らしが伺える品が展示されています。

佐倉城址公園では、梅・桜・紫陽花・銀杏やモミジなどがあり、四季折々楽しめますが、やはり、これからの桜がおすすめです。

電車の方はJR佐倉駅京成佐倉駅がありますが、駅前に観光案内所があると思ったので、そちらに寄られた方が良いと思います。

また、4月4日~4月26日の期間、佐倉ふるさと広場では、風車をバックにチューリップフェスタが開催されます。京成佐倉駅北口から循環バス(100円)に乗って、ふるさと広場下車です。佐倉市は、江戸時代からオランダとの関係があり、西の長崎、東の佐倉と言われたほどだそうです。

春が待ち遠しいですね。