読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十三仏に見守られて

千葉県印西市、印旛沼のほとりにある「印旛十三仏霊園」スタッフのブログです。

塔婆

こんにちはヾ ^_^♪

今日は一日強い風が吹いていた、印旛十三仏霊園です。

とても良い天気でしたが、15時頃より雲が増え、今は曇り空です。

今日は、塔婆について少しお話したいと思います。

塔婆もしくは、卒塔婆といい、梵語サンスクリット語)のストゥーバ(仏塔という意味)がルーツです。

ストゥーバとは釈迦の遺骨を納めた塔の事で、これが五重塔の起源と言われています。五重塔をもとに作られた五輪塔卒塔婆の起源です。卒塔婆五輪塔が簡略化されたもので、五輪塔の5つの形の意味(空・風・火・水・地)を卒塔婆も持っているのです。

空・風・火・水・地 これら5つの要素で宇宙のすべてを構成しているという宇宙観をもち、この5大要素によって人間も生かされていると考えられています。

塔婆を立てることが「善」とされており、「塔婆を立てる=善を積む」といった行いが、故人の冥福につながると考えられています。

私は、お参りに来た方などに、「塔婆の意味を教えて」っと聞かれた時には、「故人様へのお手紙みたいなものです」と伝えています。