読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十三仏に見守られて

千葉県印西市、印旛沼のほとりにある「印旛十三仏霊園」スタッフのブログです。

薬師如来

こんにちは(^。^)/

 

昨日に引き続き十三仏の紹介をしますね。

 

今日は「薬師如来」です。

七七日に配当されているご本尊で、

左手に薬壺をお持ちです。

 

人は亡くなると、四十九日間は霊の状態で、この世とあの世をさまよっています。

実は、その間には、生前の行いについての裁判が七日おきに開かれているのです。

 

それら裁判の裁判官に相当するのが、ご本尊様で、

日本では、十三仏と呼ばれる仏様が担当すると考えられているそうです。

 

あの世の裁判は七審制で、今まで紹介した仏様が、それぞれ裁判を開き、四十九日後には、

六道(地獄道、餓鬼道、畜生道修羅道、人道、天道)のどれかに行き先が決定するのです。

 

第七審まで裁判を受けて行き先が決まると、

薬師如来は「これから体に気をつけなさい」とおっしゃって、

左手に持っている薬を授けてくださるのです。

 

また、薬師如来

私たちの健康を守って下さる仏様でもあります。

心身の病苦を除き、苦しみや恐れを除いて下さいます。

 

日々、無事に、健康で過ごせることの尊さを

教えて下さっているのですね。

 

f:id:jusanbutsu:20150721164929j:plain