読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十三仏に見守られて

千葉県印西市、印旛沼のほとりにある「印旛十三仏霊園」スタッフのブログです。

金木犀の香り

こんにちはヾ ^_^♪

この何日かで金木犀(キンモクセイ)の優しい香りがあちらこちらから漂い、深まりつつある秋を知らせてくれています。

金木犀は、中国南部原産で日本は江戸時代に渡来してきた植物で、

オレンジ色の小さな花を無数に咲かせます。花言葉は、謙虚・謙遜・真実・真実の愛・初恋・陶酔だそうです。

 

さて、この金木犀の香りをトイレの芳香剤の香りと言う方がいますが、私は小さい頃から、同じ匂いと思ったことが一度もありません。

確かに、小さい頃トイレにある芳香剤の香りと言えば、ラベルに「キンモクセイの香り」と書いてありました。

でも、その頃は、キンモクセイってなんだろう?くらいにしか思ってなかったのです。

だから、大人になってから、街のあちらこちらから金木犀の香りがして来た時、私は友達に「この香りは何の香り?」と聞いたことがあり、その時に「これが本当の金木犀の香りなんだ!」と衝撃(笑)を受けた記憶があります。

「秋の思い出」を金木犀の香りと共に、楽しんでみては如何でしょうか?