読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十三仏に見守られて

千葉県印西市、印旛沼のほとりにある「印旛十三仏霊園」スタッフのブログです。

阿閦如来

 

こんにちは(^。^)/

 

空が青く、清々しい秋晴れです。

昼には暑さを感じましたが、柔らかい日射しでした。

 

今頃の季節になると、こども時代が急に蘇ってきます。

稲刈りが終わった田んぼで駆けっこしたり、

落ち葉を集めてさつま芋を焼いたり。(かなり昔の田舎の話?)

やっと訪れた秋らしい秋を満喫したいものですね。

 

さて、今日は、

「阿閦如来」(あしゅくにょらい)をご紹介します。

 

七回忌に配属されているご本尊で、阿弥陀さまと反対の東の浄土にいらっしゃいます。

 

「無動如来」ともいわれ、動じない堅個な意思と、魔を下す強い力をお持ちです。

 

 西に沈んだ太陽が、翌朝、東から昇るように、

西方の極楽浄土へたどりついた仏さまたちは、輪廻転生して生まれ変わると考えられています。

 

「阿閦如来」は、

昇る朝日のように、人々は精進しなければならないと説かれます。

 

何ごとにも揺るがない心と、

怒りを離れた安らかなる心を授けてくださいます。

f:id:jusanbutsu:20151004120341j:plain