十三仏に見守られて

千葉県印西市、印旛沼のほとりにある「印旛十三仏霊園」スタッフのブログです。

弥勒菩薩 みろくぼさつ

こんにちは

今日は冷たい雨の一日になりました。

昨日はあっちこっちからウグイスの囀りが聞こえていたのに…

 

今日は六七日(ろくなのか)の弥勒菩薩を紹介します。

f:id:jusanbutsu:20170326134453j:plain

弥勒(みろく)とは、慈から生まれたものという意味で、

すべてのものに対する慈しみの心を授けてくれます

 

「生あるものすべてを救う」

無償の愛(むしょうのあい)で見返りを求めない愛を貫く慈悲深い菩薩です。

左手に持っているものは水瓶(すいびょう)で、

中には不思議な甘露水が入っていて、ふりかけると穢れが消えるとされています。

 

見返りを求めない・・損得勘定をしない・・

平穏な気持ちを持って過ごせるように、気持ちを切り替えていきたいものです。

 

✿今日のひとこと✿   ストレスを感じたら早めに対処

 

 

 

広告を非表示にする